手放したくない?! 柴犬ランプ

今回、ランプの新作は作らないつもりだったのですが、
またまた悪いクセ(?)が出て、直前になってデザインが降りてきてしまいました(^^ゞ

イベントの前に、ここで完成した作品をお披露目してしまうと
楽しみが半減してしまうので、写真はカットまで終えた段階のものですが・・・。

f0062790_23414092.jpg


題して、「クローバー畑で つかまえて」
↑ん?? どこかで、聞いたようなタイトルですね・・・(笑)


この素材を仕入れたときから、このランプには、
クローバー畑で、にっこり微笑む柴犬を彫る!と、構想は決めていました。
でも、構想が浮かぶことと、作品にできる完成度の高いデザインが描けることとは、
まったく別物で・・・(-_-;)
デザインが描けずに、半年(もっと・・・?1年?)寝かせていたのです。

このランプは、ルネ・ラリックが好んで使ったオパール(乳白色)のガラスの外側に
緑色のガラスを被せてある二層のガラス。
緑色に見えているガラスの部分を削っていくと、乳白色の層が出てくるのですが、
その色の落とし具合で、グラデーションを出して、表現していきます。

砂が出る圧力を強くして、一気に彫ってしまえば、
短い時間で仕上げることもできるのですが、
この作品は、幻想的で、メルヘンチックな雰囲気に仕上げたかったので、
背景の色を落とすときも、圧力を通常の1/4以下に落とし、
ふんわりしたニュアンスで、緑色を微妙に残してあります。
クローバーの葉っぱも、一枚一枚の表情を大切に彫り上げました。

絵柄も細かく、色が落ちるか落ちないか、ギリギリのところで色を残すという
細心の注意と手間をかけて彫ったので、いつもの倍近く時間がかかってしまいましたが、
(自分で言うのもなんですけど・・・)ものすごく、完成度の高い作品です。

プロの作家としては、どうなのか?とも思うのですが、完成した瞬間、
うわ~、めちゃくちゃ可愛い! これは手放したくない! 
非売品にしたい!!・・・と、思ってしまいました。
この素材を作っていたガラス屋さんは閉店してしまったので、もう手に入らないし、
今でも、自分用にキープしておこうかと、真剣に悩んでます。

裏側にも、後姿の柴犬がいるんですよ~
変なシュミかもしれませんが、柴犬の後頭部が、たまらなく好きなのです♪
いつか作品に彫りたいと、密かに企んでいたのですが
グラスだと後姿だけじゃ、ちょっと寂しいかな・・・と。

今回、初めてチャレンジしてみたのですが、かなりイケています(^^ゞ

完成した作品は、三越名古屋栄店のイベントで、ご覧下さい♪

********************************
         ♪♪♪ イベントに出展します ♪♪♪
********************************

「わんわんDOGグッズフェスタ2008」 (三越名古屋栄店7階催事場)
2008年10月22日(水)~26日(日) 最終日は午後6時まで

犬をモチーフにした、オリジナルガラス工芸品を展示販売します。
ペットの写真から制作する、オンリーワングラス=「ガラスの肖像画」の
オーダーも承ります(犬のイベントですが、猫、ウサギ、フェレットなどもOK)
1点もののグラス、ランプなど、HPでは紹介していないものも
多数、出品しますのでお時間がありましたら、お立ち寄りください。

[PR]

by glass-alpenrose | 2008-10-20 00:35 | shibainu