早春の伊豆

f0062790_005753.jpg


先日、稲取のつるし雛、河津桜を見に、姉と伊豆へ行ってきました。

伊豆は何度か行ったことがあるのですが、この時季は初めて。
せっかくなので、有名なこのイベントを両方、いっぺんに楽しもう!というのが、
今回の旅のコンセプトです(あと、せっかく買ったデジイチの練習も♪)。

f0062790_013346.jpg


写真は、現代の作家さんの手づくりのものですが、
昔は、古い着物を裂いて、おばあちゃん達が一針、一針縫っていたそうです。
江戸時代や明治時代のつるし雛の展示もあったのですが、渋い色合いで、
今のお雛様のイメージからは、ほど遠いけれど風合いがとても素敵でした。

この時期、稲取は町をあげて、つるし雛イベントで盛り上がっています。
普段はブティックだったり、八百屋さんだったり、はたまた漁協の倉庫だったり
というところでも、つるし雛や、ひなストラップなんかを売っていたりします。

もちろん、そういうところで売っているのは、ほとんどがMade in China(?)の
つるし雛だったりするので、お値段も500円から、せいぜい3000円くらいまで。
おみやげにするには、手頃なお値段のものが並んでいて、飛ぶように売れています。

その一方、稲取っていう町は、面白いところだなぁと思ったのですが、
すごくひなびた(失礼!)小さい漁村なのに、昔ながらの素朴な感じの
手芸用品店が、ざっと見かけただけでも5~6軒もあって、それぞれに
そのお店オリジナルのつるし雛キットや、作品が並んでいるのです。

そして、そのうちの1軒で見たつるし雛に、釘付けになってしまいました。

それは、桃の節句ではなく、端午の節句向けに作られたものだったので
鯉のぼりや、熊、馬、兜、きじなどが吊るされていたのですが、
その中の、白いわんこが、めちゃくちゃ可愛いかったのです!
赤い前掛けをしていて、立ち耳、巻き尾、キリッと揃えた前足・・・。
日本犬好きのツボをつかれてしまいました(^^ゞ

お店のオーナー(おばあちゃん)の娘さんが、オリジナルで考えて
パターンから起こしたものだそうで、すごく愛があるのです。
(モデルのわんこがいるって、おっしゃっていました)。
とっても欲しかったのですが、諭吉先生が何人も必要だったので、
泣く泣く、あきらめたんですけど・・・。忘れられない印象的な作品でした。

もちろん、それが手頃なお値段であれば、うれしいとは思いますが、
自分自身が、ものづくりをしているせいもあって、
いいものには、それに見合う、作者が納得のいくだけの値段をつけて欲しい
と思います。
安く提供するためには、材料費を削ったり、必要な手間を省いたり、
自分に対する報酬を、不当に安く見積もったりすることだから・・・。

作り続けることに疲れたり、嫌気が差して、いいものを作る人がいなくなってしまったら、
その方が、よっぽど寂しい・・・と思うのです。

本当に心がこもった、いいものは、わかる人には自然と伝わるし、
そういうものは、その時すぐは無理でも、お金を貯めてでも買いたいと思うのです。
そのお店も、特にネットも広告宣伝もしないそうですが、
やはり根強いファンの方がいて、遠くから買いに来られるそうです。

f0062790_061291.jpg


河津桜は、2~3分咲きといった感じでしょうか。
満開までには2週間くらいかかりそうでしたが、
日当たりのいい場所では、結構、きれいに咲いている木もありました。
ピンクの色が濃くて、ちょっと、あんずの花のような感じ。
見慣れた染井吉野が、大人っぽい和服美人だとしたら、
河津桜は、成人式のお嬢さんの振袖姿みたいな、ガーリーな雰囲気かな・・・。

それにしても、平日だというのにすごい人、人、人・・・!
(↑自分たちも、その一員なんですけど・・・)
足湯もしたかったのですが、足を入れるスキマもない満員御礼状態!
根性のない我われは、外から眺めただけで、あきらめました(ーー;)

大型バスで次々と乗り付けて、河岸の露店でガンガンお買い物をして、
イカ焼きやら、桜ソフトクリームやら、桜まんじゅうやら、食べて・・・。
杖をついておられたり、年配の方がほとんどだったのですが、
いやはや、皆さん、お元気でパワフルでいらっしゃる・・・。

見習わなくては・・・!

by glass-alpenrose | 2008-02-23 00:17 | travel | Comments(2)

Commented by ブランカまま at 2008-03-03 11:29 x
こんにちは!私も6人と4ワンコで伊豆に行ってきましたよ~♪
中伊豆方面でしたがやっぱりつるし雛が沢山飾ってありました。
白ワンコのつるし雛にはめぐり合えませんでしたが、白ふくろうをモチーフにしたものがありましたので、ビションに見立てたつもりでゲットしました(笑)もちろん野口英世さん数枚で足りましたので・・・。
いつか自分も作ってみたいです!
話は変わりますが、4ワンコと旅してるとふいに声を掛けられることがありますが、今回の旅で「○○さんですか?」と名指しされた事にはたまげました。
ブランカのブリーダーさんと懇意にしてらっしゃる方だそうで、4ワンコを見掛けてすぐにブリーダーさんに連絡を取ったそうです。
「それは○○さんに違いないっ!」って当てられちゃうとこも何ですが・・・(汗)
世の中どこでどんな方とお知り合いになるかわかりませんねぇ~。
その方はとてもなつっこい柴犬と旅されてましたよ。
Commented by Rose≪ロゼ≫ at 2008-03-05 23:25 x
ブランカままさんも、伊豆に行かれたんですね(^_^)
4ワンコも一緒ということは、お車ですね。
中伊豆や西伊豆は車じゃないと、ちょっと不便なので、なかなか行けないんですが、修善寺とか虹の郷とか見どころがいっぱいありますよね♪

白ふくろうをビションに見立てる…。なんと素敵なアイディア!
ヤフオクなどで、粘土で作ったいろんな犬種のワンコびなを
見かけますけど、さすがにビションは、見たこと無いかも・・・。
ましてや、つるし雛、絶~対に無さそうですよね(苦笑)
ブランカままさん、ぜひ世界初(?)のビションびなを作ってみては?\(^o^)/

ビションの4ワン連れ・・・やっぱり目を引くんでしょうね!
最近は多頭飼いしている方も多いので、2ワンくらいなら珍しくないですけど、同じ犬種で3ワン、4ワン連れてらっしゃると、
おおっ!って思いますもの。
有名犬ブロガーさんなどは、連れているワンコで身元が当てられちゃったりするのかもしれないですね(笑)

柴犬づれで旅・・・いいですね~。あこがれちゃいます。
でも、14㎏の巨柴&車なしのわが家とは縁がなさそうです~