人気ブログランキング | 話題のタグを見る

らしい・・・って?

こういう仕事をしていると、お洋服を選ぶ基準は、流行やおしゃれ度よりも
「動きやすい」、「締め付けない」、「シワにならない」に、必然的になります。
(何しろ、ほとんど一日中、座りっぱなしですから・・・。)
・・・付け加えるなら、「砂がつかない」も、重要な要素でしょうか。

そういう訳で、私の普段の仕事中の服装は、
カットソーorニット+化繊のロングスカートが定番です。
(ジーンズという人も多いようですが、締め付け感が苦手なので・・・)

ところが今日は、仕事がらみでビジネス街に行かなければならい用事が。
さすがに、いつものヒラヒラした格好では、マズイ・・・。
かといって、公務員時代に着ていた、「いかにも・・・」なキャリアスーツも違うだろうし…。

こういう時、「(ガラス)工芸作家」としては、どんな服装をすればいいのでしょうか・・・?
クラフト展などに行くと、作務衣やエスニックな民族衣装姿の作家さんを
よく見かけますが、うちの工房のイメージとは、ちょっと違う気もするし・・・。

悩んだ挙句、黒のニット+フレアー控えめの黒スカートという黒ずくめに
ショップでも販売している、スワロフスキーのクリスタルペンダントを合わせることに。
おかたくなりすぎず、スーツ姿の中でも浮いていなかったようなので、
とりあえずは、正解だったかも・・・。

ちょっと前の、某ホリエモンさんのように、
「そんなの、まったく気にしない! いつでも、どこでもTシャツ&ジーンズ!!」
という考えもあるかと思いますが、私個人としては、ヘアメイク、服装など、外見は、
 「私は、こういう人間です」
というのを、一番わかりやすく伝えるコミュニケーション・ツールであり、
パフォーマンスの一環だと思ってるので、どこに、どんな格好をしていくか、は、
密かに気にかけていたりします。

「そういうことを気にする前に、もっと他にすることがあるだろうが!」
っていう声が、聞こえてきそうな気もしますが・・・(苦笑)
by glass-alpenrose | 2007-06-07 00:56 | diary

柴犬・黒柴モチーフのガラス工芸品、手描きのうつわなどの柴犬グッズ、ペットの写真からオーダーメイド制作する【ガラスのペット肖像画】を制作しています。


by glass-alpenrose
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る