もう(まだ)一週間…(長文です(^_^;)

ルナ子が旅立ってから、一週間・・・。

f0062790_23342121.jpg
愛知のWさま、元気が出るビタミンカラーのお花ありがとうございました。

f0062790_23364886.jpg
M.Oさま、K.Oさま、トルコ桔梗もデルフィニウムも大好きなお花です。嬉しかったです。

f0062790_23405540.jpg
なっしーさま、お菓子ありがとうございました。ルナ子にお供えさせていただきました。


もう一週間なのか、まだ一週間なのか・・・。
いつまでも、時間が止まったままのように感じる時もあるし、
何をしていたのか、わからないうちに一日が終わっていたようにも思うし…。
怒涛の一週間でした。

介護の真っただ中にいた時は、温泉に行きたい…、マッサージに行きたい…
映画や美術館にも行きたい…、ゆっくりショッピングしたい…、お友達と飲みに行きたい…
いろいろ思っていたのですが、いざ、時間ができてみると、
何かをしようという気に、まったく、なれなくて・・・。

かといって、家にいると、いろいろ思い出して、切なくなってしまうので、
なんだかんだで、一週間、毎日、外に出ていたのですが、
写真立てや、お花を探したり、近場をウロウロするくらいで・・・。
唯一、遠出したのは、葬儀の翌日。

どうしても海が見たくなって、電車で湘南へ。
ルナ子と一緒に行きたいな…と思って、
ふと、以前、お客様にいただいた「ちび瑠菜」を思い出して、連れていきました。
f0062790_0101668.jpg


f0062790_01177.jpg
ちゃんと「お名前」付き(^.^) 
太めで背中がちょっと黒いところが、若い頃のルナ子に似てます♪

f0062790_014165.jpg
車持ってないし、ルナ子は電車に乗るには重いから、海、行ったことなかったね。
(若いころ、お兄ちゃんに人工の砂浜には、連れて行ってもらったっけ…)

地元の人しか行かないような、人けのない海辺をお散歩して、
気が済むまで、ぼーっと海を眺めていました。
どこまでも続く海を見ていると、自分やルナ子も含めた人間や動物の存在の「ちっぽけさ」…
この広い地球で、たまたま同じ時代に生を受け、出会って、家族になった奇跡…
いろいろなことを、考えました。

まだまだ、ふとした拍子に「号泣モード」になってしまったり、
写真を見るのが辛くて、祭壇に飾る写真も選べない状態ですけど、
この時間のおかげで、悲しみでパンパンだった心が、
ちょっぴり軽くなったような気がします。


ずっと仕事の方も、お休みさせていただいていましたが、
今日のレッスンを皮切りに、来週から少しずつ制作も再開していこうと思います。
(ネットショップも、(ひっそり)再オープンしました)

・・・といっても、1か月以上、まったく制作から離れてしまっていたから、
思うように、手や頭が動かなかったりして・・・!?
最初は、色被せガラスの地色落とし(モチーフ以外の背景の色を削り落とします)や、
鉛筆デッサンなど、単純作業や修正が利くことから始めて、
神経を使う工程(お顏の表情をつけたり、細かいカット)ができるように、
少しずつ、慣らしていきます。

12月からずっと待っていて下さってるお客様もいらっしゃいますし、
あんまり、いつまでもメソメソしていると、「犬の国」のルナ子さまに

 「由紀子姉が泣いてると思うと、お気楽に遊び回れないわよ~
  それに、あんまりビンボーだと、アタチにお供えするお花も買えないでしょ。
  アタチのおかげで、ペットを亡くした人の痛みが、
  すっごく切実にわかるようになった…って言ってたじゃない。
  泣くだけ泣いたら、しっかり、お働きなさい!」

って言われちゃいそうですし・・・(^_^;)

ルナ子さま、侍女、頑張らせていただきます(苦笑)
[PR]

by glass-alpenrose | 2012-02-26 00:56 | diary