危機一髪

時々、姉のクリニックを手伝っています。
世間ではお盆休みですが、クリニックは平常どおりの診療なので、
工房も定休日ですし、今日は手伝いに行っていました。

パソコンに向かって、カルテの入力作業をしていたときのこと。
どうも椅子の高さが合わず、ディスプレイが見づらいので、調節することに。
その椅子は、空気圧で上下するタイプの、いわゆる事務用椅子なのですが、
高さ調節のスプリングがイカレていて、なかなか、ちょうどいい位置で止まらないのです。

そうこうしているうちに、なんと、椅子が机の下にすっぽり入り込んでしまいました。
ちょうど肘掛けの部分が、「つっかえ棒」になってしまって、ビクとも動きません。

あせって、思いっきり、椅子を引っぱった、次の瞬間・・・。
 ・
 ・
 ・
机がぐらついて、事務机の、ちょっと高い位置においてあった、
パソコンのディスプレイ(モニター)が落ちてきました。
あっ・・・!と思う間もなく、ディスプレイは、私の左手を直撃・・・\(◎o◎)/!
隣の部屋にいた姉が、何事か!と思ったというくらい、すごい音でした。

クリニックのパソコンは、7~8年前の古いものなので、
新型のコンパクトな液晶型ではなく、いわゆる、旧式の15インチのディスプレイ。
かなり、デカくて、重いです・・・(7~8㎏は、あるでしょうか)。
それが、勢いよく落ちてきたのですから、指の骨の一本や二本、
どうにかなってしまっても、おかしくなかったと思います。

落ちてきた瞬間は、意外と冷静で・・・。
まず、思ったのは、
「右手じゃなくて、よかった~!!」

・・・で、次に思ったのは、
「引越し前に作らなきゃいけないのは、あとは、フレームとか大きいものだけだから、
 最悪、折れてても、押さえるくらいはできるわよね。
 先週のうちに、グラスとペンダント、仕上げておいて、よかった~!」でした(苦笑)

幸いなことに、受け止めた位置がよかったのか(?)
人差し指を少し、すりむいて、打撲(内出血)したくらいで済みました。
湿布とテーピングをしているので、ちょっと不自由ですけど、
こうして、キーボードも打つことができます。

もし、ディスプレイのガラスが割れていたら・・・・?
もし、もう少し、当たり所がずれていたら・・・?
と思うと、ぞっ・・・とします。

天国にいる、亡き母、ルナ子の先代犬が、守ってくれたのでしょうか・・・。
お盆ですしね(^.^)

ふとした日常生活の中に、危険って、潜んでいるんですね。
皆さまも、お気をつけ下さいませ・・・。
[PR]

# by glass-alpenrose | 2005-08-16 01:11 | diary | Comments(0)

工房の移転

教室の生徒さんには、お話ししたのですが、HPでは、きちんとしたご報告が、まだでした。

武蔵小山に工房、兼、SHOPをOPENしてから、2年と3ヶ月。
「つい、この前、引っ越したばかりじゃなかった? もう引越すの!?」という反応あり、
「お店、2年しか、やってないんですか? もっと長くいたような印象が・・」という反応あり。

自分としても、短かったような、長かったような・・・。
全速力で、走っていた2年余りだったので、複雑な気持ちです(苦笑)

最初の一年くらいは、久しぶりの「通勤」と、お店屋さんごっこ(?)が楽しくて、
毎日、うきうきと工房に通っていたのですが、
ちょうど二年目に入った頃から、目いっぱい、仕事が忙しくなり・・・。
3ヶ月以上、ほとんど休みなし、毎日、残業という日が続くと、
ネックになってきたのが、通勤時間。

武蔵小山は、同じ品川区内なのですが、電車だと乗り継ぎが悪く、
自宅から、ドア to ドアで、片道40分くらいかかるのです。
自転車なら、20分で行けるので、1~2回、チャレンジしてみたものの、
乗り慣れない上、疲れて、ぼ~っとした頭で、夜、交通量の多い車道を通って帰るのは、
かなり、スリリングで・・・。すぐ挫折嶋しました(笑)

普通の「勤め人」なら、
「片道40分・・・? 近いじゃないか! 何、甘えたこと、言ってんだ!」って感じですよね。
私も、そう思います(^^ゞ
でも、もともと、ずっと自宅で、SOHOとしてやっていた仕事。
往復で、約1時間半のタイムロスは、結構、イタイのです。

毎日、それだけの時間があったら、ホームページの更新もできるし、
デザインを考えたり、スケッチをしたり・・・といった時間にあてることもできます。
いいアイディアが浮かんだら、即、彫ってみたいという気持ちもありました。

店舗の契約は、来年の5月までだったので、更新の時期が近くなったら、
今度は、もっと家から近い物件を探すか、
いっそ、ひと部屋、まるまるアトリエに当てられるくらい広いところに、
リゾート移住しちゃおうか・・・と、密かに考えていた時、
新しい工房の話が、急に決まったのです。
ご縁がある話・・・というのは、あれよあれよという間に進むものなんですね。

新しい工房は、自宅から徒歩5分。
JRの最寄駅からも、のんびり散歩気分で緑道を歩いて、10分くらい。
お向かいが、古いお寺さんなので、都会にしては緑が多い方だと思います。
お寺さんには、立派な桜の木があるので、春には工房でお花見ができます(笑)

落ち着いて、制作に集中したいので、今度のところでは、
お店(店頭販売)は、しないのですが、
ご予約制で、ゆっくり、お茶でも飲みながら、ご相談、
オーダーいただけるようにしたいと思っています。

ネットショップをメインにして、時々、イベントやグループ展に参加する・・・
というペースが、自分には、一番、合っているようです。
[PR]

# by glass-alpenrose | 2005-08-12 01:01 | information | Comments(0)

ブログに挑戦

突然ですが、日記をブログ形式にしてみました。
・・・と言っても、コメントもトラックバックも無しなので、
実質、単なる日記なんですけど・・・。

前のCGI-Boyも更新が楽で、結構、気に入っていたのですが
写真が1枚しか貼れないのと、デザインを変えるのが面倒なのです。
ブログなら、きれいなテンプレートがたくさんありますし、
季節ごとに、模様替えしたりするのも、楽しそうです。

しかし、毎日、暑いです・・・。
今朝の毎日新聞で、作詞家の阿木耀子さんが、冬眠ならぬ
「夏眠」をしたい・・・というコラムを書いておられましたが、
まさに、我が意を得たり!という感じ。
許されるなら、「夏は、仕事をしません!」と宣言して、
北海道か信州あたりの山の中に、こもりたいくらいです(笑)

そういえば、ちょうど去年の今頃は、高島屋でイベントに出ていたんでしたっけ。
あの時は、TVで紹介していただいたおかげで、オーダーもたくさん抱えていましたし、
夏が、超・苦手な私にしては、かなり頑張っていました。
(夏に、こんなに活動したのって、高校受験のとき以来じゃないだろうか・・・?)

その反動もあって、今年は、ひたすら「のんびりペース」で、やっています(^^ゞ
[PR]

# by glass-alpenrose | 2005-08-06 00:48 | diary | Comments(0)