<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

よいお年を・・・

2012年も、あと少しで終わりですね。
皆さまにとって、今年はどんな年だったでしょうか?

私は…と言えば、ワンコに始まり、ワンコに終わった激動の一年でした。

年が明けて、1月18日。
ルナ子が脳梗塞で倒れ、本格的な寝たきり介護生活に。
2月18日、1か月の闘病の末、15歳2か月で天国へお引越し・・・。

ワンコとしては十分、「長生きさん」だったし、
心の準備も、覚悟もできていたつもりでした。
「寿命だから仕方ない」と頭ではわかっていても、心は、そうじゃなくて・・・。
新しい作品を作ろうという創作意欲も、まったく湧かず、
教室と、肖像画作品だけを細々と作る日々・・・。
完全に、ペットロス状態でした・・・(>_<)

そんな中、ほとんどHPの更新をしていないにも関わらず、オーダーを下さったり、
「うちも、そうでしたよ・・・」
と、優しい言葉をかけて下さるお客様や生徒さん、友人を始め、
たくさんの人たちに支えられて、なんとか、お仕事を続けることができました。

「このままでは、いけない!」と、気持ちを奮い立たせて
二代目看板犬を迎えることを決意して、探し始めたのが10月。

そして、「ゆめ菜」ちゃんと出会い・・・
10月24日、お家にお迎え。

ワンコも人も大好きで、柴犬とは思えないくらい、めちゃくちゃフレンドリーで
明るくて、とっても甘えん坊な ゆめ菜ちゃん。
一方で、超ハイテンションで、超・超おてんばさんで・・・(^_^;)

f0062790_1836758.jpg
実家にて。ゆめちゃん用に買ったクッションフロアが1日にして、こんな姿に…(>_<)

その「やんちゃ」っぷりに、一時は育児ノイローゼ一歩、寸前になり…(>_<)
「ルナ子の一周忌もまだなのに、次の子を迎えたのがいけなかったのかも…」
と、正直、悔やんだこともありました。

f0062790_184274.jpg
「これ、誰がやったの? ワタシ、知らないわよ」

でも、ようやく生後5か月を過ぎて、少しずつ言葉が通じるようになり、
ゆめちゃんの気持ちも、何となく、わかり始め・・・
ゆめちゃんとの暮らしを楽しめる、心の余裕がでてきたような気がします。
f0062790_1843465.jpg
今日のゆめちゃん。大人しくしていれば、お利口そうに見えるんだけどねぇ…(^^ゞ

お留守番も、だいぶ「いい子」にできるようになってきましたし、
まだ具体的には何のプランもないんですけど、来年は個展か、イベントか、
久しぶりに「外に出るお仕事」もできたらいいなぁ・・・と思っています。

来年も、よろしくお願いいたします。
どうぞ、皆さま、よいお年をお迎えくださいませ・・・。
[PR]

by glass-alpenrose | 2012-12-31 18:56 | diary | Comments(0)

白柴グラス、制作中♪

ただ今、セミオーダーの、白柴ロックグラスを制作しています。

この「おちり」の絵柄、とっても好評で、今まで赤柴、黒柴バージョンでは
かなりの数を作ってきているのですが、白柴でお作りするのは初めて。

ベースとなる絵柄は、赤柴も黒柴も白柴も、一緒なのですが、
どこが白くなって、どこが茶色になるのか、どういう陰影がつくのか、
彫り始める前に、きちんと設計図(?)を描いて、決めておかなくてはいけません。
どういう順番でシートをはがして、どの程度、色を残すかも含めて
キッチリ、頭の中に完成図が描けていないと、失敗してしまうことが多いのです。

まずは、白柴の「おちり」がどうなっているのか、実物を見て確認しないと・・・(^^ゞ
・・・ということで、いろんな白柴ちゃんのブログにお邪魔して
「おちり、おちり・・・」と、怪しくつぶやきながら、
ひたすら黄門様が写っている写真を探しまくります。
もちろん、個体差はあるのですが、だいたいの傾向と対策を練り・・・。
そうやって、このラフデッサンと、彫る順番を記した「設計図」を描きます。

f0062790_21515873.jpg


設計図の段階で間違えてしまうと、希少な素材が一瞬で台無しになってしまうので、
この情報収集は、地味でアヤシイ作業だけど、大切なプロセスだったりするのです。

ここまで、できれば後は、彫るだけ。
あとは、これを元にして色を落としすぎないように、慎重に彫っていくだけです。

Mさま、お待たせしてしまっていてスミマセン…(^^ゞ
今週中には、なんとか仕上がると思うのですが・・・。
[PR]

by glass-alpenrose | 2012-12-11 22:03 | glass | Comments(0)

今年のクリスマスの飾りつけは…(^_^;)

先月は、正直、プチ育児ノイローゼ(?)で、ヘロヘロになっていましたが、
ちょっとずつ意思の疎通ができるようになって、生活のペースに慣れてきたこともあり、
だいぶ、復活してきました\(^o^)/

さて、工房では、見たことがあるような顔ぶれではあるものの、
毎年、出窓スペースにクリスマスの飾りつけをしていたのですが・・・
今年は「犬小屋」と化して、こんなにサッパリしちゃってます(^_^;)
f0062790_2335346.jpg
新しく作ったぐい飲み5個を飾ってあるだけ(苦笑)

何しろ、ワサワサしたもの(ツリー)や、キラキラしたもの(オーナメント)は、
スキあらば、イタズラしてやろうと企んでいる、このヒト↓の餌食になっちゃいそうなので、
出しておけないんですよ・・・((+_+))
f0062790_23184459.jpg

生後4~6か月のこの時期は、乳歯から永久歯に生え変わる時期で、
やたら、ものを噛みまくるというのは知っていたし、覚悟して、
噛んでもいいゴム製のおもちゃや、天然木のかじり棒(?)、牛のヒヅメなどを
置いてあるのですが、どうも、「やっていいもの」を噛むのはつまらないようで、
ダメなものを、ママの目を盗んで噛むのが面白いらしいです・・・(>_<)

ゆめ菜が来て、まだ1か月ちょっとなのに、すでに、
トイレトレーも、ルナ子のお下がりのケージも、かじられまくってボロボロ…。
最近のペット用プラスチックは、こんなにかじられても、案外、割れないんだなぁ…と、
変なところで感心していたりします(^^ゞ

噛まれちゃ困るものがいっぱいあるので、工房でも自宅でも、
ゆめちゃんは基本、サークルorケージ生活です。
室内フリーへの道は、まだまだ遠そうだね~。

そう考えると、子犬の頃からモリツ家(実家)の中を自由に歩き回って、
陽だまりを追い求めて、お昼寝していたルナ子は幸せ者だったんだなぁ・・・。
(和室の畳にシッコしちゃったり、じぃじの布団にウンチしちゃったり、伝説は作ったけど…)
[PR]

by glass-alpenrose | 2012-12-04 23:34 | shibainu | Comments(0)