ブログトップ

びいどろ彫師のつぶやき ~GLASSアルペンローゼ 店主のつれづれ日記~

珍しく・・・

なぜか今年は、父の日のギフトのご注文がたくさん入っています。

特に女性向け、男性向けとかは意識して作っていないんですけど、
うちの工房的には、バレンタインとか、母の日の前は忙しくて、
ホワイトデーや父の日は、あんまり関係ないかな?
というのが、今までの傾向だったので・・・。珍しいことです。

最近は、外で豪勢にディナーっていうよりも、
デパ地下などで、オシャレなデリをいろいろ買い込んだり、
いつもより、ちょっと贅沢な材料を使って、おうちで手料理っていうのが
流行っているそうですね。

きっと、お父さんの晩酌用の「マイグラス」も、せっかくなら
景品でもらったコップじゃなくて、「ちょっといいものを」ということで、
お買い求めいただいているのかもしれません。

同じ飲み物でも、質のいい、ぴったりの形のグラスで飲むと、
味が全然、違うんですよ~(^_-)-☆
ちょっと前に、フルートグラス(シャンパン用の細長いグラス)、割っちゃったので、
暇を見つけて、何か、自分用にも作りたいなぁ・・・
[PR]
by glass-alpenrose | 2010-05-26 22:52 | diary | Comments(0)

2ヶ月以上ぶりの更新です(^^ゞ
2つ下の記事で、制作裏話をご紹介した4兄弟の作品をUPしました。

かなり想像で彫ってしまった部分があったので、気に入っていただけるか、
すごく心配だったのですが・・・。
そろそろ着いたかな?と思われる頃、早々に到着のご連絡をいただきまして・・・。
「大満足です!」とのお言葉をいただきました\(^o^)/ 

f0062790_1124584.jpg
柴犬のコロちゃん。今回、一番の力作です(^-^)/ 
彫刻の元になった写真は、HPのギャラリーをご覧下さい♪
 

普段の倍(もしかしたら、3倍近く?)制作時間がかかっちゃったので
喜んでいただけて、作者としても感激ひとしおです(#^.^#)
ガラスのペット肖像画の制作時間は、彫り込む密度(白っぽい子→多、黒っぽい子→少)で
少しは変わりますが、それよりも 「完成イメージのつかみやすさ」によるところが
大きいかもしれません。

「こういう感じに彫ろう」というイメージがハッキリしている時は、
線を引くのに「ためらい」がないというか、鉛筆で描くようなスピードで針を進められるのですが、
イメージが固まらなくて、どう彫ったらいいかなぁ・・・?と、自信がないときは、
ガラスと写真を並べて、白ペンシルやマジックで描いては見比べ、消しては見比べ・・・。
何日も、ぼんやりしたトーンの「しまりのない絵」と、にらめっこです。

何しろ、一度、彫ってしまうと、消すことができないので、致命的な間違いの線を
入れてしまうと、最悪の場合、最初から彫り直しになってしまうので・・・(>_<)

半年近く、お待たせしてしまいましたけど、何とか無事に完成して、
お客さまにも気に入っていただけて、本当に良かった。
肩の荷が、一つ降りた感じです。
[PR]
by glass-alpenrose | 2010-05-19 01:21 | information | Comments(0)

何のことやら、わからないタイトルですが・・・。

今日の記事は、うちの柴ワンコについての話題です。
12月のお誕生日に記事を書いてから、こちらではあまり、ご報告していなかったので
近況などを少し・・・。

病状(アトピー)についての写真(画像加工してありますが)もあったりしますので、
不快に思われる方、興味がない方は、読み飛ばしてくださいませ(^^ゞ

続きを読んでみる♪
[PR]
by glass-alpenrose | 2010-05-13 00:25 | shibainu | Comments(4)

今日は、Fさんの作品をご紹介します。
Fさんは駒込教室の時から、工房移転後も続けて来て下さっていて、
今年の4月で9年目に入った、うちの教室で一番のベテランさんです。

カリキュラムは、もう何年も前に修了されて、今は自由課題ということで、
相談しながら、お好きな素材に、お好きなデザインを彫っておられます。
大皿やデキャンタなどの大物作品にも、積極的にチャレンジされていて、
素晴らしい作品を、どんどん生み出されているんですよ。
(最近、大物を全然、作っていない講師の私。見習わなくちゃです…(^^ゞ

この作品も、直径30センチもある、「すり鉢型」のガラスボウル。
点刻や、らせん彫り、グラデーション彫りなど、一輪一輪、それぞれ違った彫り方で
大輪の八重咲の椿を彫られました。
デザインは、ご自分で撮った写真を元にデフォルメしたり、
葉っぱを付け足したりして、描かれたオリジナルです。

大きい素材は、絵柄をどのくらいの大きさで、どのくらいの密度で配置するか
小さいもの以上に難しいものです。
空間(彫らない部分)を、どう取るかで、作品から受ける印象が、がらりと変わります。
Fさんも花の大きさや重なり方、葉っぱの配置、折り返りなど、レイアウトを決めるまで
何回も白ペンシルで描いては消し、描いては消して、根気よく頑張られました!
彫り始めてからも、花とのバランスを見ながら、葉っぱを足したり、大きさを調整したり…。

苦労の甲斐あって、空間の取り方が心地よい、素晴らしい作品に仕上がりましたね♪
(写真、いろいろ写りこんじゃってます…(^_^;) こういう形の器は撮るの、難しい~!)

f0062790_0295191.jpg
[PR]
by glass-alpenrose | 2010-05-10 23:28 | glass

ゴールデンウィーク♪

↓の記事を描いてるうちに日付、変わっちゃいました・・・。2記事目です(^^ゞ

昨日から五連休という方も、多いのでしょうね。
私は・・・と言うと、普段とあまり変わりなく、工房でオーダー品の制作をしたり、
山積みになっているデザイン関係の資料を整理しようかと思っています。
ちょっと制作予定が遅れ気味っていうのもありますし、
人ごみは苦手なので、のんびり、まったり過ごす予定。

先月から作っている、4兄弟のフレーム、思ったより時間がかかってしまっています。
秋田犬ちゃん、Mダックスちゃんは完成したのですが、白柴ちゃんは、ようやく5割くらい。
柴犬ちゃんは、まだ彫りまで到達していません(-_-;)

何枚か写真を送っていただいたのですが、一番、表情が可愛く撮れてるのは、
ピントがイマイチ合っていない上、耳が全部、切れちゃっていて・・・(>_<)
せめて、同じ顔の向きの写真があれば、脳内合成(?)して描けるのですが・・・。
他の写真と資料の本(幸い、柴ならいっぱいあるので♪)を見ながら、
どのくらい耳が立っているのか、想像でデッサン画を描いて、
その描いた絵を、元写真の代わりにして制作することになります。

f0062790_2323886.jpg

↑写真は、まだ描き始めなので、ポヤンとしていますが、デッサン、なかなかよく描けたので、
作品も、きっと可愛く出来上がると思います♪

あ、でも、お休みらしいことも、していますよ(^_-)-☆

いつもより少し早めに家に帰って、冷えた白ワインを、ちょいとひっかけて(爆)、
先日、アメリカのamazonで買った、アコーディオンの楽譜を開いて、練習を(*^_^*)
(松坂屋のイベント中に衝動的に3冊ほどポチしたんですけど、そのままになってたので・・・)
久しぶりなので、指が思い通りに動かないけど、新しい曲は弾いてて楽しいです♪
[PR]
by glass-alpenrose | 2010-05-02 01:10 | Comments(2)

今日、5月1日は登記(青色事業開始届)上の、アルペンローゼの設立記念日です。
2000年5月1日設立なので・・・なんと、丸10年! 
飽きっぽい私にしては、よく続きました(*^_^*)

ごく、たまにですけど、私のような者にも 「作家になりたいんですけど…」
というような相談をしてくださる方がいます。(私なんかで、いいのかな~)

好きなことを仕事にできたとはいっても、10年の間には、工房の家賃を払うために、
いただけるお仕事は、何でもありがたい!と、ワイングラスの名入れとか、
本当なら、あまり積極的に請けたくない仕事も、請けていたこともありました。
姉のクリニックで、受付嬢(?)のバイトさせてもらっていた時期もありましたね。

最初から順風満帆に、華やかな作品発表の場を得て、高額作品もバンバン売れて、
教室も大盛況で・・・なんて恵まれた環境の人は、そうそう、いません(笑)

どういうものを作っていきたいのか?、それに必要な技術は何か?
どういう事業展開をしていきたいのか? 最終的な目標は?・・・etc.
冷静に現実を見つめ、計画を練ることは大事です。
でも、始めから完璧を求めていたら、いつまでたってもスタートできません。

いきなりお仕事を辞めちゃったりしないで、最初は、二足のワラジでもいいんですよ。
オークションや箱貸しのお店で売ってみたり、
サークルみたいな感じで、ご近所さんやお友達を対象に教室をやってみたり・・・。
ご自分のできるところから、まずは始めてみて、ダメだったら、その時考える!(爆)

あとは、「続けること」でしょうか。
苦しい時代を耐えられる覚悟がどれだけあるのか、
辛くても絶対、続けていく!と思えるほど、その仕事に惚れこんでいるのか? 
しっかりとした強い決意がないと、壁にぶち当たった時に、踏ん張りが利きません。

私の場合は、捨てたもの(将来の安定性とか、出世とか)が、とても大きかったために、
意地でも絶対にあきらめない、この道で生きていく!という想いがあったので、
何が何でも、やめる訳にはいかなかったという事情もありますが・・・。
とにかく、あきらめないで、細々とでも続けてくださいね(^_-)-☆

途中で、方向転換したっていいんですよ。
うちだって、スタートした時は、グラスリッツェンしかやっていなかったし、
モチーフも、お花とか葡萄などの植物、飾りイニシャルとかがメイン。
それがいつの間にか、サンドブラストが加わり、チャイナペイントが加わり・・・。
今ではモチーフは、8~9割が動物。
変われば、変わるものです。

さて、今日から11年目のアルペンローゼが始動します。
これから先、どういう風に変わっていくのか or 変わらないのか、私自身も楽しみです♪
[PR]
by glass-alpenrose | 2010-05-01 22:37 | Comments(0)