<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

体が資本。

先月末に、ちょっとした風邪を引いて以来、もう1ヶ月以上、ずっと、せきが止まりません。

のどは痛くなったものの、熱も7度5分くらいしかでなかったので、
1日お休みしたくらいで、放っておいたのですが・・・。

せきが出だすと、むせるように咳き込んで止まらないんです。
せきのし過ぎで、肋骨が折れるかと思うくらい、胸も痛くなって・・・。
こんな、ひどいのは初めてです。

夜、ベッドに入ると、特にひどくなって、
 「息って、どうやって吸うんだっけ…? 
  このまま呼吸困難で、誰にも気づかれずに死んじゃうのでは??」
と、真剣にヤバい!と思ったくらいです。
ふと、飯島愛さんのことも頭を、よぎったりして・・・(-_-;)

まさか悪い病気なのでは・・・?と、さすがに心配になって
ネットで調べたら、まさにピッタリな症状がありました。

「せき喘息」っていうらしいです。
お話したら、「私も」とか、「うちの家族も」という人もいて。
流行っているそうですね。

基本的な治療方法としては、ステロイドの吸入しかないようなんですが、
ステロイドは副作用も怖いし、医者嫌いなので、
できるだけ生活改善や食事で自然治癒を目指そうかと・・・。

・・・で、姉のアドバイスを取り入れながら、自己流対策5か条を実践しています。

 ・ 会話を控える(←友達、なくしそう・・・?!)
   →レッスンなど、しゃべらざるを得ないときは、のどあめ必携!
 ・ 生活リズムを整える。なるべく日付が変わる前に寝る。
 ・ アルコールを控える。(←「やめる」じゃないところが、ストレスをためない秘訣♪)
 ・ ヨーグルト(免疫力を高める)、果物(ビタミンC)、ビタミンB2、B6剤(粘膜を強くする)を
   毎日、摂取する。
 ・ タバコの煙が来る&残っていそうな場所は、避ける。(←これが一番、重要かも。)
   完全分煙じゃないレストランに行ったり、実家に行くと、てきめんにひどくなるんです・・・。

おかげで今は、夜も落ち着いて、寝れるようになりましたし、
だいぶ良くなったんですけど、長くしゃべり続けたり、
タバコの煙&残留煙があるところに行くと、まだダメです。

ルナ子と遊びたいのに、実家(←モリツ父はヘビースモーカー)に行くと
即、具合が悪くなる・・・(>_<)  ジレンマです・・・。

何といっても、この仕事は私自身が健康で、気持ちにゆとりがないと、
いいものを産み出せないし、生徒さんにも、充分に気を配って差し上げられないので、
養生して、早く、治さなくっちゃ・・・。
[PR]

by glass-alpenrose | 2009-02-28 18:57 | diary | Comments(4)

必需品

ドドーンと、届きました(携帯で撮ったので、画質悪いです・・・)。

f0062790_1846184.jpg

ガラス屋さんの必需品です。
当然、ロール買い!
こんなにあっても、大体、2ヶ月くらいでなくなっちゃうんですよ。

プチプチとフォームタイプ、両方使っているのですが、
2本、同時に頼んだのは初めて。
フルサイズで揃うと、ボリュームありますね…。

ガラス(素材)の在庫だけでも、大変な量があるので、
なるべくモノを増やさないようにしているのですが、
こういう梱包材とかラッピング用品も、結構、場所を取るんです。

さて、どこにしまおう…? ストックルームに入るかなぁ・・・。
[PR]

by glass-alpenrose | 2009-02-16 18:59 | diary | Comments(2)

芸は身を助ける?!

皆さんは、子供の頃、何か習い事をしていましたか?

私の場合、自分が習いたいから…というより、
ほとんど親のシュミで、ピアノ、そろばん、書道に通って(通わされて)いました。
&泳げないからという理由で、スイミングにも半強制的に・・・(>_<)
おかげで、なんとか25mくらいは泳げるようになったので、
大学時代、シーズンスポーツ(選択授業)で、「地獄の真夏の水泳」クラスに
強制入部させられずに、済んだのですが・・・。
(今の小学校は、泳げなくてもOKだそうですね。うらやましい・・・)

何だかんだで書道はイヤイヤ、小学校5年生くらいまで通っていました。
確か、初段くらいまでいただいたんだと記憶していますが、
その後は、まったく縁の無い生活を送っていました。

でも今になって、無理やりにでもやっていて良かったなぁ…と実感しています。
・・・というのは、この仕事についてから、結構、「のし書き」をしなければ
いけない場面が多いのですよ。
今週は、結婚祝のギフトの「のし」を3枚、書きました。

もちろん、プリンターに入るサイズの「のし」ならば、印刷してしまうことも
可能なのですが、赤ワイン用のブルゴーニュタイプのペアグラスなんかだと、
箱自体が大きいので、「のし」も「反物サイズ」という大きいものを使います。
そうなると、プリンターに入らないんですよね・・・。

・・・で、手書きするわけなんですけれども、その時にはるか昔、
書道教室で教わったことが、よみがえってきまして・・・。
そこそこ(←苦情が来ないくらい)の字は、書けているのではないでしょうか。

ガラスでも絵でもそうなのですけど、いまだにお手本どおりに作るというのは、
苦手です。トレースしていても、
 「この線は、違うでしょう」 とか、
 「この花びらは、もうちょっと大きい方がバランスがいいわよね」
など、自分の好きな絵に変えたくなってしまうのです・・・(^^ゞ

特に、字なんて、読みやすければ好きなように書いたらいいじゃない!
・・・と内心では思っているのですが、基本を抑えることの大切さもわかります。
まぁ、でも、そういうことが求められる場面では、きちんと基本を抑えつつ、
崩したいところでは自分流に崩せる、というのが、理想なのでしょうね。
[PR]

by glass-alpenrose | 2009-02-12 00:23 | diary | Comments(2)