<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

割っちゃった…

自宅で使っている、マイ・ワイングラス。
さっき、ワインを飲みながらメールを書いていて、さあ、片付けよう・・・と、
手に取ったとたん、倒して割っちゃいました。←酔ってるのか?!

めったに割らないんですけどね・・・。 
今年に入ってから、2個目です(>_<)

こういう仕事をしていると、普段も、さぞかし素敵なグラスで飲んでいるのか?
と思われている方も、いるかもしれませんね。
ところが実は、そんなことはまったくないんですよ・・・。

ほとんどは、試作品や、廃番にした商品サンプル、B級品、
修行時代に練習で作った、他の先生のデザインのものなどなど、
表に出せないもの、オンパレードだったりします(苦笑)
なので、割れてしまっても、全然、惜しくなかったりするんですけど(^^ゞ

使っていないからといって、ものを捨ててしまうのはエコじゃないし、
物の寿命をまっとうさせずに捨ててしまうのは、かわいそうな気がするので、
ガンガン普段使いにしています。
「割っても、全然、気にしなくていいよ~」と、実家にも持っていって、
使ってもらっています。

割れたら、割れたときが、そのものの寿命。
役割は終えたのだと、感謝して捨てて、新しいものをおろします。

ただ最近は、少しずつ考えが変わってきて、自分用にも、
「いいもの」を、大事に使うように切替えていこう、と思うようになってきました。

自分の手になじむ大きさ、フォルム、材質・・・と素材選びからこだわり、
どれくらい制作時間がかかるかも気にしないで、思いっきり好きなデザインを
1客のグラスのためだけに描き、彫り上げる・・・。
いつか、そんな「究極のマイグラス」を作ってみたいですね。

オーダー品やイベント用の作品制作に追われる日々なので、
なかなか、実現は難しそうですが・・・。

とりあえずは、晩酌用のワイングラスがなくなってしまったので、
明日、工房の在庫をいろいろ、あさってみることにします(^^ゞ
[PR]

by glass-alpenrose | 2008-04-18 00:09 | glass | Comments(0)

春の嵐に思う

本日の関東地方、季節外れの台風襲来か?!というくらい、すごい雨風でした。
自宅から工房までは、徒歩5分。
普段なら、なんていうことない距離なのですが、ずぶぬれになって出勤しました。

そんな暴風雨、真っ只中の午前中、レッスンに来てくれた生徒さん、お疲れ様でした~。
ワレモノを抱えて、傘を吹き飛ばされないようにくるのは、大変だったのではないでしょうか。
今朝の出席者は、一番、近い人でも門前仲町(←東京の東部。うちは東京の南端です)
あとのお2人は、横浜から。
風邪で今日は来られなかった方も、北区(東京の北部)在住の方です。

他のクラスには、栃木から通って来て下さっている方もいらっしゃいますし、
むしろ近隣にお住まいの方はは少数で、品川、大田、港区は、1~2人しかいないかも。
まったく、「地域密着型」とは正反対のお教室だったりします・・・(-_-;)
皆さん、遠くからわざわざ、ありがとうございます~。


夕方からは、駒込教室でしたので、私が出張する番です。
(そんなに軽い身ではないのですが・・・)ビル風に吹き飛ばされそうになりながら、
ガラスが詰まった重たいキャリーを引きずり、行ってきました。

駒込教室は、6年前の4月からスタートしたので、ちょうど今日から、7年目。
開設当初から、続けて通って来て下さっている方あり、新しく入られた方があり、
別の場所で教室をやっていた時の生徒さんが、数年ぶりに来てくださったり・・・。

実は、出張教室というのは、講師の側からすると不安定なものなんですね。
生徒さんが減ってしまったり、お借りしている場所が使えなくなってしまったりすれば、
たちまち、閉鎖せざるをえない状況になってしまいます。
うちの場合、私自身の目が、きめ細かく届く範囲でレッスンをしたいので、
もともと、どの教室も、せいぜい定員は4人まで。
・・・となると、存続か閉鎖か?という人数のボーダーラインはビミョーでして・・・。

正直、始めた当初は、ここまで長く続けられるとは予想していなかったので、
 「7年か~。小学校を卒業して、中学校にご入学って感じよね。
 たいしたものだな~。ありがたいことだな~」
と、感慨深いものがありました。

本来、私は工房にこもって、黙々と、一人で彫っているのが好きな
「職人かたぎ」の人間なのですが、教室をやめられないのは、
 「お教室に通うようになって、楽しみが増えました!」
 「もっと、たくさん彫りたいので、追加レッスンをして欲しいくらいです」
 「こんなに長く続いた趣味は、グラスリッツェンが初めてです!」
と皆さんが言って下さるのがうれしく、私自身も励まされているからなんでしょうね。

美大を出ているわけでも、本を出している有名な先生というわけでもない私のところに
まさに雨にもマケズ、風にもマケズ、こんなに、熱心に通って下さる生徒さんが
いてくださる・・・。本当にありがたいことです。
[PR]

by glass-alpenrose | 2008-04-08 23:54 | diary | Comments(4)

桜の季節

f0062790_13238.jpg


東京では、そろそろ桜も見納め。

週末には、もう厳しいかな?ということで、昨日は工房をお休みにして、
桜&動物の資料写真を撮りに、横浜・野毛山にお出かけしました。

はじめ、お花見の名所として有名な公園を目指すつもりだったのですが、
道に迷ってしまいまして・・・。(←地図くらい、持っていこうよ!)
案内板にひかれて、偶然、たどり着いた「伊勢山皇大神宮」。

f0062790_0521330.jpg


これが、なかなか良かったのですよ。人も、ほとんどいなくて、静かで・・・。
神社とか教会の、清らかでキリリとした空気、大好きです。
ほとんど、貸しきり状態で堪能しました♪
やはり桜と神社の組み合わせって、絵になりますね。
ランドマークタワーと神社っていうのも、なんとなく不思議な光景です。

f0062790_0563228.jpg



そして、横浜市立野毛山動物園へ。

「なんだか、めちゃめちゃ混んでるな~。平日なのに、子供、多いな~」
と思ったら、春休み真っ最中だったんですね。

f0062790_14462.jpg


今回、一番、気に入ったワラピー。ちっちゃくて可愛い♪

「ママ&お子ちゃま」のパターンが圧倒的に多かったのですが、
「パパママ&お子ちゃま」も結構、います(平日、お休みの人ってこんなにいるの・・・?)
あと目立ってたのは、「じぃじ or ばぁば&お子ちゃま」の組み合わせ。
お元気な高齢者の方が増えているとはいえ、走り回る幼児を一日、見てるのは、
きっと、大変なんだろうな・・・。
うちの父なら、翌日、確実につぶれます(^_^;)

f0062790_1122263.jpg


角が立派なシカさん。お目目が優しくて、可愛かった♪

そんな圧倒的にファミリー層が多い中、
檻の前に、ジッとたたずみ、望遠レンズでビシバシ写真を撮る女一人。
ビミョーに浮いていたかも知れません(~_~;)
でもでも、これも、お仕事のうちなんです~。
ヘンな目で見ないでやってください(汗)

野毛山動物園は、なんと横浜市民じゃなくても入園無料なのですよ\(^o^)/
自然がいっぱいで、お財布に優しいレジャースポットです。
桜木町の駅からも、お散歩がてら歩ける距離ですし、オススメです♪
[PR]

by glass-alpenrose | 2008-04-03 23:40 | diary | Comments(4)