<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

試作

f0062790_0125030.jpg


今シーズンは、風邪をひかないな~。丈夫になったものだ♪
と油断していたら、先週、とうとう、ひいてしまいました・・・(-_-;)
結構、しつこい風邪でしたよ。やっぱり、油断大敵です。
皆さまも、お気をつけ下さいね。

「バラが好きな方への誕生日プレゼント、デザインはおまかせ」ということで、
オーダーをいただいて、耐熱の茶漉しつきマグを制作しています。
写真は、その試作品。

グラスリッツェンでは、耐熱のカップやポットに彫って、何年も使っているので、
強度的にも、全然、大丈夫なのは、実証済みなのですが、
今まで、サンドブラストでは耐熱ガラスに彫ったことがなかったのです。

納品して、お湯を入れた途端に割れたりしたら、大変なことになってしまうので、
同じ素材で試作して、実際に使ってみることにしました。
1週間ほど、毎日、熱湯を入れて使っていますが、大丈夫そう。

あまり深く彫るのは、やはり危ないかな・・・ということで、
あっさり、線とぼかしで構成したデザインに。
もう少し、バラの大きさや水玉のバランスを調整する必要がありそうですが、
イメージどおりに、なかなか可愛く仕上がりました♪

このカップ、なかなかスグレモノなんですよ。
お茶の抽出のときは、ふたを閉めて香りを逃がさないようにして、
ちょうどいい濃さになったら、くるっと裏返すと、茶漉しが載せられるようになっています。
茶漉しの目が細かいので、細かい茶葉でも詰まらないし♪

オフィスや、ひとりのティータイムに、気軽に茶葉で入れた紅茶を飲みたい、
家族それぞれ、違うお茶を飲みたい・・・など、いろいろ楽しめそうですね。

この試作品は、工房でのティータイムに、早速、愛用しています(^_^)
お茶は、マリアージュ・フレールの ”Vert Provence” という
緑茶ベースのフレーバーティーです。
自宅用にも1つ、絵柄を替えて作ろうかと、企み中♪ 
今の時期だと、桜がいいかな~。

・・・それにしても、ガラスの写真は難しい~(^_^;)
湯気が結露しちゃって、なかなか美味しそうに撮れないです~。
[PR]

by glass-alpenrose | 2008-03-19 01:00 | glass | Comments(8)

変わりゆく街

f0062790_2326488.jpg
本文とは、まったく関係ありませんが、特注で制作させていただいた
おすわり子柴のひとくちグラスです♪(柴犬&黒柴)


先日、お客様との打ち合わせで銀座に行きました。

美味しいケーキと紅茶をいただきながら、
どのお写真をベースに彫るかご相談して、お写真をお預かりして、
1時間ほどで、打ち合わせ終了♪

1月の松坂屋の時にも、1週間、毎日、銀座に通ってたのですが、
デパートと家の往復で、周りを見る余裕がなかったので、
久しぶりにゆっくり銀ブラ(←死語??)と、しゃれこみました。

まずは、ミキモト・ホールでやっていたオーロラの写真展を見て、
隣の木村屋で、栗あんぱんと平日限定のバターそぼろバンズをゲット♪
山野楽器で楽譜とCDを眺め、教文館で本を探し、伊東屋で画材を物色。

ここまでは、だいたい定番の銀ブラコースなのですが、
せっかくなので、再開発が終わった有楽町の駅前を探検してみることに。
しばらく来ないうちに、すっかり変わっていて、びっくり!
駅前広場も広々としていて、以前、そこに何があったのか思い出せないくらい。

マロニエゲートには、大好きな東急ハンズも入っていました(^_^)
ガラス工芸関係のものは置いてないようだったけど、
工具や木材、電気関係部品などは、充実しているし、
ちょっと変わった色のグラスなんかも置いてあって、結構、使えそう!
銀座に行く楽しみが増えました。

再開発・・・といえば、うちの地元の駅も、数年後には様変わりしそうです。
私が生まれる前からあった老舗のデパートが、今月いっぱいで閉店。
取り壊して、30階建てのツインタワーができるそうです。
うちの地元に、ツインタワー?? なんだか、想像がつかないのですが・・・。

田舎に住んでいた幼い頃、「東京のおじいちゃん家」に遊びに来ると、
そのデパートに連れて行ってもらって、
4階の線路が見える喫茶室で、銀のお皿にのったアイスクリームを食べて
屋上遊園で遊ばせてもらうというのが、とっても楽しみでした。

グラスリッツェンを始めた頃は、まだ今のように「仕入れ」をしていなかったので、
食器売場で、随分、いろいろなグラスを買いました。

最近は、ブックオフや100円ショップなどもテナントで入っていたり、
デパートというより、だいぶ様変わりしてしまいましたが、
パンやケーキ、おつかいものなどは、そこで買っていますし、
美味しいお酒が飲みたくなると、顔なじみの店員さんにオススメを聞いたり、
なんだかんだで、毎日のように通っています。

それが、なくなってしまう・・・。
思い出も一緒になくなってしまうようで、何だか寂しいですね。
耐震のこともあるし、街が発展してきれいになることは喜ばしいことなんですけど…。
[PR]

by glass-alpenrose | 2008-03-05 23:28 | diary | Comments(2)