ブログトップ

びいどろ彫師のつぶやき ~GLASSアルペンローゼ 店主のつれづれ日記~

昨夜(←これを書いている時点では、一昨日ですね・・・)、帰ってきました。
お忙しい中、ご来場いただいたお客さま、お世話になった出展者、
関係者の皆さま、本当にありがとうございました。 
おかげさまで楽しく、実りあるイベントでした。

道も広くて、どこか、のんびりとしたムードが漂う名古屋に比べると、
久しぶりの東京は、人も多く、狭くて、せかせかしている感じがしましたが、
やっぱり、地元は落ち着きます。

普段は、とってもクールな、わが娘、ルナ子ですが、今回は珍しく、
玄関まで飛んできて、尻尾をぶんぶん、おもちゃを振り回して、
すっかり甘えモードで、すりすりしてくれましたし (*^_^*)
やっぱり、何だかんだ言っても、私も親バカ。
「うちの子が、一番」です(苦笑)

搬出は、23日の夜だったのですが、その後、明治村、名古屋港水族館と、
遊んで 次回作品の取材を、してきました。

しっかり、名古屋グルメも満喫♪
ひつまぶし、きしめん、味噌煮込みうどん、手羽先、もつ鍋、
あんかけスバゲティー、台湾料理と、連日、食べまくり(ビールも進みます♪)
で、結局、1.5Kgも増えてしまいました(>_<)

f0062790_128966.jpg
展示風景です

今回は、2回目のデパート催事出展ということで、前回より進歩した点も
あるのですが、実際に出てみて、展示の仕方、説明、品揃えなど、
まだまだ改善&勉強しなければいけないなぁ・・・と、痛感しました。

でも、何より収穫だったのは、これから作家生活を続ける上で、励みになる
素敵な言葉の「プレゼント」を、お客さまからたくさんいただいたこと。
それも、1人ではなく、数人から。 
名古屋のお客さまは、あったかいですね☆

自分で販売をしていると、どうしても、「買って下さる=作品の評価」
だと思ってしまいがちなのですが、必ずしも、そうでないことを実感しました。
普段、ひとりで仕事をしているので、作家さん友達がたくさん、できたのも、
すごく、うれしかったです。 忙しくも、実りある6日間でした。
[PR]
by glass-alpenrose | 2006-10-27 02:42 | diary | Comments(6)

明日、名古屋入りです♪

やっと今、準備が全部、終わりました!
ふ~。(いつもながら)ギリギリです。徹夜しなくてすんで、よかった・・・。
(ガラス達は、ひと足先に宅急便で、名古屋に向かいました)

説明用パネルの製作、パンフレット、作品に同封するカードの印刷とか、
作品づくり以外の、細かい作業って何気に、たくさんあるんですよ。
新しく作ったものもあるし、前のも全部、作り直したので、
結構、時間がかかってしまいました。

もう、忘れ物は、ないかな・・・? 
現地調達できる物はいいのですが、仕事関係のものは、忘れたら大変!
「工房に帰って、明日、持って来る」っていうワケには行かないですから・・・。
忘れ物と、朝寝坊しちゃわないかだけが、心配です。

明日の午後から、搬入・設営です。
週間天気予報によると、ずっとお天気いいみたいなので、
たくさんのお客さまに来ていただいて、作品を見ていただけたらいいなぁ。
新作の「シーズーぐらす」、「パピヨンぐらす」の反応も気になるところです。

わんのイベントですが、手彫りのオーダーは、他のペットもOKです(^_^)
(前回のイベントのときも、1/3は、ニャンコでした)
期間中は毎日、会場に行っていますので、ぜひ、お声をかけてくださいね♪
  
  「わんわんDOGグッズフェスタ」 三越名古屋栄店 7階催物会場
  10月18日(水)~23日(月) 10:00~19:30(最終日18時まで)
  ぬいぐるみ、陶器、カレンダーなど、たくさんの犬グッズが並びます。


せっかく旅費をかけて行くので、名古屋グルメ&観光も、
しっかり満喫してくるつもりです・・・☆
もしかしたら仕事よりも、そっちが楽しみだったりして・・・(爆)

  ※ 10/17~25 ネットにつなげませんので、コメント、
     メールのお返事は、26日以降にさせていただきますね。
[PR]
by glass-alpenrose | 2006-10-16 23:52 | information | Comments(4)

ぶらり銀座

本当は金曜日、ガラスメーカーの新作展示会を見に行きがてら
ひと息入れようと思っていたのですが、あの豪雨で出かけられず(>_<)
ずっと、お休み無しだったので、少々、煮詰まり気味です。

この先、名古屋のイベントが終わるまで、お休みは取れそうにないし、
テンションが下がったままで制作しても、いい作品はできないので、
思い切って、オフにして「心の栄養補給」に出かけることにしました。

まずは、高島屋でお知り合いになって、(勝手に)犬作家の先輩だと
尊敬している大宇宙屋さんが出展している展示会に。
犬モノも可愛いのですが、惚れたのは花モチーフのピンクのペンダント。
陶でも、こんな可愛いのが作れるんだ!と、ツボにはまってしまいました。
がんばっている作家仲間さんにお会いすると、自分もがんばるそ!っていう
気持ちになるから不思議です。

そして、銀座へ出たメインの目的、教文館9Fウェンライトホールで開催中の
「藤城清治 光と影展」へ。
お名前は知らなくても、作品を見れば、ほとんどの人が知っている
有名な影絵作家さんですが、原画を見る機会って、あまりないんですよね。

ひとつひとつ、カッターでカットした紙を何枚も重ねて、微妙な色、
ラインを表現しているのですが、息遣いが聞こえてくるような、
生き生きとした線、柔らかな色彩、表情・・・。
他のお客さんがいなかったら、一つの絵の前で30分くらい立ち止まって
見ていたいくらい・・・。
数年前に初めて原画を見てから、大ファンになり、かかさず行っています。

今回は、スケジュール的に無理かな・・・?と思っていたのですが、
思い切って、行ってみてよかったです。

実は、このところ、作品づくりの上で、ひっかかっていたことがありました。
「強さ」と、「柔らかさ、優しさ」は共存できるのか?ということです。
「商品」や、オーダーメイド作品ではなく、自分が作りたいものを表現する
「作品」には、どうしても、「私自身」が出てしまいます。

基本的には、優しい色調、柔らかいラインのものが好きなので、
「徹底的に、ふんわりした作品」を作ろうと考えたこともあったのですが、
なんだか、彫っていて違和感があるんですよね・・・(^_^;)
物足りないというか、ついつい、メリハリをつけたくなるというか。
自分の中で、「男っぽさ」と「女らしさ」が、均衡しているからかもしれません。

そんな中途半端なスタンスでは、作品もどっちつかずになってしまう・・・
お宝市場の惨敗の原因は、そのあたりにあったのでは・・・?
と悩んでいたのですが、今日、藤城さんの影絵を見て、思い直しました。
「強さ」と、「優しさ」を同時に兼ね備えた作品は、作れる・・・と。

あとは、実際の作品作りの中で、具体的にどう表現していくか?です。
(それが、一番、問題なんですけど・・・)

f0062790_219573.jpg
がんばって制作しています♪
[PR]
by glass-alpenrose | 2006-10-09 02:00 | diary | Comments(4)