<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

サイト、リニューアルしました

ようやく、アルペンローゼ本館のリニューアルが、一段落しました。
オンラインショップの方は、ショッピングカートを変更しようと思っているので、
一旦、お休みさせていただきます。3月中旬頃、リニューアルOPEN予定です。

いつも、サイトを変える時は、まず、どういうデザインにするか、
テーマカラー、アクセントカラーは何色にするか・・・で、かなり試行錯誤します。
一応、アルペンローゼ本館のシンボルカラーは、ピンク(or ローズピンク)ということに
決めているのですが、どのくらいの明るさ、彩度にするかで、また悩むのです。

今回のサイトは、白、紺、ピンク、グレイを主体にして作りました。
ショップを始めたばかりの頃に作ったサイトと、イメージ的には近いかもしれません。
その頃に比べたら、随分、大人っぽい感じには、なっていますけど・・・。

サイトに限らず、作品のデザインを考えている時にも、よく思うのですが、
個人の趣向っていうのは、そうそう、変わるものではないし、
自分の性格の要素の中にないものは、作れないものですね。
やはり、私にはポップでキュートなサイトや、
ジミー大西の絵のような、原色系のサイトは作れないようです。


「ギャラリー」のページも、写真もスキャンし直したりして、少し見やすくなりました。
今までご紹介していなかったもの、新しい作品も、何点か加えてあります。
まだ少し増える予定なのですが、とりあえず・・・ということで。

こうして整理してみると、最近、本当にグラスリッツェンでは
(ペット以外)作品と呼べるもの、彫っていないですね。
こちらで紹介しているものも、ほとんどが1999~2001年に作ったものです。
他の作品と並行しながらですけど、「まなざし」で3ヶ月、「聖なる夜に」は
完成まで、半年かかっています。

まだ開業したばかりでしたし、仕事として作るというよりは、自分が作りたいから作るという
採算度外視の、ほとんど趣味の世界です(^_^;) 
こういう作品は、時間的にも、根性的(?)にも、きっと、もう作れないですね~。
[PR]

by glass-alpenrose | 2006-02-28 00:57 | information | Comments(0)

起きてるべきか、寝るべきか・・・

フィギュアスケート、もうすぐ始まりますね。
メダルもかかっていることだし、やっぱりビデオじゃなく、生で見たい。
でも、明日は仕事。 ・・・うーん。悩みます。

普段も、寝るのは1時か2時なので、起きていられないことはないんだけど、
最後まで見たら、5時近くになっちゃう・・・。
・・・それって、ほとんど、徹夜ですよね(^_^;)
若いときと違って、無茶をすると、確実に目や肩に来てしまうんです・・・。

明日が、土曜日だったら、良かったのに。
自営業なので、平日、お休みにしても誰からも文句は言われないのですが、
やっぱり、勤め人根性が抜けきっていないのか、
ズル休みは、なかなか、できないんですよね。

悲しい性分です。

きっと、W杯が始まったら、また同じことで悩むんだろうな~。
[PR]

by glass-alpenrose | 2006-02-23 23:58 | diary | Comments(0)

ペットのお写真

横浜の慈庵さんでオーダーいただいていた、アメリカン・コッカーちゃんと、
フレンチ・ブルちゃんの作品が、ようやく完成したので、発送しました。
まとめて大きい箱で送ったので、ちょっと心配なんですけど・・・。

こういう仕事をしている割には、一応、今まで一度も破損事故はないので、
今度も大丈夫だろう・・・とは思うのですが。
無事に届いたか確認できるまでは、いつも、ドキドキします。

今回、アメリカン・コッカーちゃんは、3点、それぞれ違う写真からお作りしました。

あまり、よく撮れている写真がないけど、もう、天国にいってしまった子なので、
これから写真を撮ることはできない・・・とのことで、
最初、お写真は1枚だけだったのですが、せっかくオーダーメイドでお作りするのですし、
手彫りなので、同じ写真を元に彫っても、まったく同じには彫れません・・・ということを
ご説明してもらって、追加でお写真をお預かりしました。

ペットは、じっとしていてくれませんから、ベストショットを撮るのは難しいと思います。
よっぽど写真の腕がいいか、ペットがカメラ慣れしているか、じゃないと・・・。

良く撮れている方が作りやすい、ということは確かにあるのですが、
目が光ってしまっていても、写りが小さくても、ピントが甘くても、
ちょっとした目の表情、しぐさなどから、いろいろな情報を読み取って彫っています。
なので、お写真は、できるだけ多く見せていただいた方が、イメージがつかみやすいです。
(アルバムや、オリジナル写真集、DVDなどを送っていただいた方もいました♪)

こんな写真しかないから・・・なんて、気にしないで下さいね。
できるだけ、「その子らしさ」が出せるように、頑張りますので・・・。

今回のアメリカン・コッカーちゃんも、追加で送っていただいた写真は、
確かに、写りはあまり良くなかったのですが、
「おすまし顔」ではない、普段のその子らしさが出ていました。
とても、生き生きとした、可愛らしい作品に仕上がったと思うのですが・・・。
気に入っていただけると、いいんですけど・・・。
[PR]

by glass-alpenrose | 2006-02-21 01:30 | glass | Comments(2)

(気分だけは)春。

まだまだ寒い日が続きますね。
冬生まれで、寒いのは大好きなのですが、今年は例年よりも、寒さが厳しいので、
ちょっと飽きてきてしまいました。

早く、春が来ないかな・・・・ということで、工房の展示スペースを模様替え。
気分だけは、春を先取りです(^_^)

f0062790_23155384.jpg

2~3年前にサンドブラストで作った、桜の冷酒セット

花の中心は、グラヴィールとグラスリッツェンで入れてあります。
最初、グラスリッツェンで彫ろうと考えていたデザインを、そのまま彫ってしまったため
ちょっと、彫りの「重なり」が主張しすぎているのですが、
色がとても可愛いので、春になると飾っている、お気に入りの作品です。

グラスリッツェンの場合は、線が細く、彫りのタッチが柔らかいので、
手前と奥の彫りが重なっても、それが、いい雰囲気をかもし出したりします。
なので、わざと重なるように計算して、デザインすることもあります。
でも、サンドで透きの素材に彫る場合は、よっぽど、上手に重ねないと、
しつこくなってしまうような気がするので、レイアウトが難しい・・・。
どこに、どうモチーフを配置するか、いつも悩みます。

デザインするのは好きなので、これが、楽しい時間でもあるんですけどね~(^^ゞ
[PR]

by glass-alpenrose | 2006-02-20 00:43 | glass | Comments(6)

悲しい知らせ

工房から帰宅すると、一枚のFAXが届いていました。

人生の「師」と仰ぎ、尊敬していた方が亡くなられた・・・との知らせ。
亡き母と同じ病気、61歳という若さでした。
もう、10年以上、お目にかかっていなかったので、ご病気だったとは、全く知らなくて・・・。
正月には、直筆で宛名が書かれた年賀状をいただいたばかりだったのに・・・。

「人は、何のために生きるのか・・・?」
「人生において、何が価値があるもので、何が必要ないものなのか・・・?」
と、模索していた20代半ばに、出会ったのが、この方でした。

「100%、理解できないと進めない。 わからなきゃ、進んじゃいけない!」 
と、かたくなに思い込んでいた私に、
「最初から、立派に飛べなくて、いいんだよ。
 まずは、スタートラインに立って、低空飛行でもいいから、飛び続けることが大事。
 一生かけて、少しずつ、理解していけばいいんだよ」 
と、言って下さった人でした。

その言葉に支えられ、スタートをきり、本当に大切なものは何なのか?
後悔のない人生を送るために、自分は、今、何をすべきなのか・・・?
と、節目節目で考えてきたからこそ、今の自分があるのです。

明日は、少し早めに工房を閉めて、「最期のご挨拶」に伺ってこようと思っています。

*******************************
この日記は、一応、「制作日誌」なので、プライベートなことよりも、
なるべく仕事のことを書こうと思っていたんですけど・・・。
すみません・・・。
[PR]

by glass-alpenrose | 2006-02-16 22:56 | diary | Comments(0)

ブログ引越しました

突然ですが、ブログを変えました。
goo、livedoor、yaplog、@nifty ・・・どこのにしようか、迷ったのですが、
結局、デザイン重視で、exciteに決めました。見た目に弱い私です(笑)

前のも、可愛らしいテンプレートがたくさんあって楽しかったのですが、
不都合に感じる点が、いくつかあったので・・・。
(始めて半年も経ってから、気づくなよ・・・って感じですよね・・・)
1ヶ月に数件しか書いていないにも関わらず、
手動で、1件1件、コピー&ペーストしたので、結構、時間がかかってしまいました。
マメに、毎日書いていたら、移行できなかったかも・・・。筆不精で、よかった(笑)

ところで、トリノ・オリンピック、開催中ですね。皆さんは、ご覧になっていますか?
私は、普通の(?)オリンピックは、体操くらいしか見ないのですが、
ウィンタースポーツは大好きなので、冬季オリンピックは、よく見ます。

昨晩も、「朝、起きれるかな~」と思いつつ、2時過ぎまで、ダウンヒルを見てしまいました。
選手の滑降に合わせて映し出される、真っ青な空と、雪をかぶったアルプスの山並み・・・
ため息が出るくらい、きれいでした。
スキーには、ここ何年も行っていませんし、全然、下手なのですが、
ヨーロッパのスキーリゾート・・・、憧れてしまいます。
一生に一回くらいは、ああいうところにゆっくり滞在して、優雅に滑ってみたいものです。

今夜は、大好きなペアのフィギュアだけど、
明日は、朝からグラスリッツェンのレッスンなので、寝坊したら、大変! 
おとなしくビデオで見ることにしましょう(^_^.)
[PR]

by glass-alpenrose | 2006-02-13 18:48 | diary | Comments(0)

こんな感じ。

昨日の日記で書いた、ブルーベリーのソーサー、完成しました。

カップとソーサーのニュアンスを揃えなくてはいけない・・・
というのが大前提としてあり、それを意識しながら彫っているので、
ちょっと線が硬くて、のびのびしていないのですが…。

揃えるつもりで彫っているにもかかわらず、
葉っぱ一枚一枚の表情、重なり合った実の奥行き感の表現、
針目のメリハリのつけ方などが、微妙に違ってしまっている。
・・・と作者的には思うのですが、どうでしょう?


最初(4年前)に教材として作ったカップのブルーベリー
 ↓
f0062790_18333577.jpg


今回、作り直したソーサーのブルーベリー
 ↓
f0062790_18341225.jpg


あまり、違い、わからないでしょうか?
グラスリッツェンは、針目が繊細なので、写真撮影が難しいんですよね・・・。
[PR]

by glass-alpenrose | 2006-02-08 18:31 | glass | Comments(0)

揃えるのは、難しい・・・

グラスリッツェン教室のカリキュラムで使っている、
ブルーベリーをモチーフにした耐熱ティーカップ&ソーサー。
先日、つい手が滑って、ソーサー(皿)を割ってしまいました(>_<)

ちょうど今、彫っている生徒さんがいるので、
来週の火曜日のレッスンまでに、見本を作り直さなくてはいけません。

午前中、ずっと彫っていたのですが、これが、なかなか難しくて・・・。
下絵は自分で描いたものなので、デザイン的に難しいとか、
好きじゃない・・・とかではなく、揃えるのが難しいのです。

カップの方を作ったのは、4年前。
同じ人間が、同じモチーフ、同じ針で彫っているのに、
どうしても針目のタッチや、コントラストのつけ方が違ってきてしまうのです。
カップ&ソーサーなのに、彫りの雰囲気が明らかに違っては、まずい・・・。

最近は、動物しか彫っていないので、花や果物の彫りに熟達したとか、
特に、何かを変えた…ということはないのですが・・・。
知らず知らずのうちに、筆圧や感性が変わってしまったのでしょう。
そういうのが如実に出るのが、手彫りの良さであり、魅力でもあるのですが。

写真に撮ってしまうと、あまり違いがわからないかもしれませんが、
完成したら、ご紹介してみますね。
[PR]

by glass-alpenrose | 2006-02-07 18:23 | glass | Comments(0)

「変えたい」病

決算、なんとか仕上がりました。
結局、週末は、かかりっきりになってしまいましたけど…。

ホッとしたところで、ムクムクわきあがってきたのが、「変えたい」病。
私の場合、だいたい毎年、節分が終わったこの時期になると
ホームページのリニューアルをしたり、
読まなくなった本や、着なくなった服を一掃したり、
家具を動かして、部屋の模様替えをしたり、いろいろなことを変えたい!
変えなくてはいけない・・・!! という衝動に駆られるのです。

中でも今、一番、変えたいのは、アルペンローゼの「ギャラリー」のページ。
グラスリッツェンに関しては、最近、ペットのオーダーメイド作品しか作っていないので、
このままでも構わないのですが、問題は、サンドブラストの作品。

今、載せているのは、ほとんど、オリジナルを作り始めたばかりの頃の作品。
「ギャラリー」で紹介しているくらいですから、当時の自分の技術では、
これがベストで、力作だと思っていたんですけど…。
でも、今、見ると、カットも彫りも、いかにも「慣れてない」感じで、恥ずかしい…。
胸を張って「これが私の作品です」とは、到底、言えません(^_^;)

サンドブラストを専門にやっている方からすると、全然、少ないのですが、
それから200や300は彫っていますので、少しは、技に磨きがかかりました。
オーダーメイドでお作りした作品もありますし、販売用に作った作品の中にも、
気に入っている作品があります。
そんな作品たちに、陽の目をみせてあげたいと思っています。

【ティアガルテン】のギャラリーの更新は、だいぶ進んできましたので
そろそろ、アルペン本館のリニューアルに着手することにします。
[PR]

by glass-alpenrose | 2006-02-06 09:59 | diary | Comments(0)