ブログトップ

びいどろ彫師のつぶやき ~GLASSアルペンローゼ 店主のつれづれ日記~

ルナ子のアトリエ訪問

先日、ルナ子がアトリエに遊びに来ました。
(姉たちに、無理やり、連れてこられました?!)

玄関を入るまでは、「知らないおうちに、勝手に入っていいの?」と遠慮がちでしたが、
姉と私の匂いが、そこここについているので、安心したのか、
次第に、わが家にいるかのように、歩き回るようになりました。

でも基本的には、内弁慶で、場所見知りなルナ子。
シッポは、ずっと下がったまんまです。

1階のクリニックは、なんとか探検、完了。
しかし、2階以上は、好物のチーズで釣っても、上がろうともしません。
アトリエは3階・・・。でも、何としても、連れて行きたい。
仕方ないので、14㎏超の巨柴を抱っこして、上がりましたとも・・・(^_^;)

苦労して、上がったものの、ルナ子は早く帰りたくてソワソワ。
危険物(←ガラス、機械)があるところで動き回るので、こっちも、気が気じゃありません。

f0062790_22384845.jpg

 由紀子姉は、毎日、ここでお仕事してるのね



f0062790_22415956.jpg
 ルナ子をモデルにした作品は、ないの?


f0062790_22424326.jpg
←ブラスター&集塵ボックスです。

今のところ、手彫り(グラスリッツェン)の仕事が多いので、
一番上の写真のテーブルで作業していることが多いのですが、
サンドブラストの作品は、この機械で彫っています。
鉄の大きな塊が、ルナ子には怖かったようで、これ以上、近づきませんでした。
あくまでも、内弁慶で、気が小さい娘です。

この後、何回か、お散歩の時に遊びに来たのですが、抱っこ嫌いのルナ子。
懲りたのか、アトリエ(3階)には来てくれません(泣)
看板犬デビューは、無理みたいですね・・・。
[PR]
by glass-alpenrose | 2005-11-30 22:34 | shibainu | Comments(0)

やっと更新

営業再開したものの、ずっと更新していなかったアルペン本館の
オンラインショップ、やっと新作をアップしました。

新作・・・といっても、HPに出していなかっただけで、
夏のGlassワタベさんでの展示会に来てくださった方、
武蔵小山の旧・ショップには、お目見えしていたんですけど・・。

この時期にイルカとペンギンなんて、季節感、まったくゼロですよね(汗)。
でも、水族館フリークの作者的には、どちらも、かなり気に入っている作品なので、
オールシーズンの定番扱いにしました。

2つとも海のイメージなので、【ルリ色】と【ライトブルー】の色被せグラスを使いましたが、
実は、この色は両方とも、とても彫刻が難しいのです。

【ルリ色】は、同じメーカーの同じ色でも、被せてあるガラスの厚さがまちまち。
しかも見分けがつきにくいので、彫り始めてから、
「あ・・・。意外と厚かった(or 薄かった)」ということもありますし
ほんの1秒長く、砂をかけすぎると、ポッカリ抜けてしまったりするので、
こういう「ぼかし」を多用するデザインにすると、難易度が急激に上がります。

【ライトブルー】やピンク、ライトグリーンなど、被せてあるガラスの色が薄いものは、
彫ったところと、彫っていないところの差が見えづらいので、
やはり、美しいグラデーションを出すのは難しいのです。
(老眼が始まったら、この系統の色は彫れなくなるかも・・・(>_<)

とても手間がかかりますし、失敗しやすいので気も遣うのですが、
可愛く出来上がっていくイルカ君やペンギン君たちを
見ていると、作っている私自身も、にっこりしてしまう・・・。
そんな、楽しんで作ったグラスたちです。


新しい工房に引っ越してから、精神的に楽になったのか、制作がノッています。
デザインを考えたり、どういう彫り方にするか考えたり、
新しい技法を試してみたり。
今月は、バラを彫るのに凝っています。
毎日、彫るのが楽しくて、楽しくて・・・。

ここ何年か、忘れかけていたワクワク感です。

そのおかげで、すっかりパソコン作業は、そっちのけになってしまってます。
[PR]
by glass-alpenrose | 2005-11-21 22:12 | glass | Comments(0)