【ペット肖像グラス、ポーセリン】オーダー受付再開について

大変、長らくお待たせいたしました!
ずっとオーダーストップしていた【ガラスのペット肖像画】、【手描きポーセリンの肖像画】ですが、
11月15日~12月15日まで、期間・数量限定
で受付を再開します。

受付期間中でも、限定数に達した場合は締め切る場合がありますので、
オーダーをご検討中の方は、早めにご注文下さいね。
(写真は後ほど、1か月以内に送っていただければOKです)

今後についてですが、年2回(4月と10月を予定)オーダー承り期間を設けて、
半年で作れる分だけのご注文を、その都度、受ける…という形にしていきたい
と考えています。

*************************
↓ここからは、こういう形に変更するに至った心境を
書いておこうと思うので、興味のある方だけ読んで下さいませ(^^ゞ

2001年にペットの肖像グラスを作り始めて、早15年。
たくさんのペットたちの可愛い作品を作らせていただきました。

おかげさまで現在に至るまで、ほぼ途切れることなくご注文をいただいて
制作者としては、うれしい限りなのですが、
一方で、柴犬グッズや、お花モチーフの作品など、
自分が楽しんで作る「自由作品」を作る時間がほとんど取れない状態が
ずっと続いていました。

若くて(?)時間もたっぷりあるうちは、それでもよかったのですが、
少しずつ、目も悪くなってきたり(←明らかに、老眼ですね(^^ゞ
自分の都合だけでは、動けない状況が増えてくると、
「あと、どのくらい制作できるんだろう…??」
と「人生の残り時間」みたいなものを考えるようになってきました。

母が、50歳代で亡くなっているので、普通の人に比べたら
以前から、そういうことを考えることは多かったと思います。
でも、まだ漠然としていて、「何かを変える」というところまでは
至らなかったのですが、誕生日がジワジワと近づいてくるにつけ、
今、変えなければ、きっと「やり残した感」が残ってしまう!
という危機感みたいなものが、フツフツと高まってきたのです。

そういうわけで、まずは、通年、オーダーを受けていた肖像画作品を
期間・数量限定で受けるという形にさせていただこうと思います。

お客さまに喜んでいただいて、少しでも慰めになったり、
温かい気持ちになっていただける肖像画作品は、
私にとって、「神様からいただいたお仕事」だと感じているので
ずっと続けていきたいと思っています。
一方で、自分の魂が喜ぶ、楽しんで作る作品も、
今後は後回しにしないで、きちんと時間をとっていきたいと思っています。

このところ、気持やってちに行動がついていかないことが多いのですが、
あせらず、少しずつシフトしていけたら・・・と考えています。

********************************
とうとう、10月はブログを更新しないままになってしまいました(^_^;)

相次ぐ台風の襲来に耐え切れず、雨漏りしちゃったり、
(自宅は築50年の古民家?なので・・・)
春から延々と続く近隣の工事の騒音と振動で、ゆめちゃん共々、グッタリしてたり、
おまけに、久しぶりにギックリ腰になって、2週間以上ヨロヨロしてたり・・・。

なんだか先月は、波乱の1か月でした・・・。



[PR]

by glass-alpenrose | 2016-11-07 11:54 | information | Comments(0)